Author: shahbaz

Welcome DST News! Our goal is to provide non-biased education and market information for Accredited Investors on DSTs. We were established by DST Investments, LLC, a Registered Investment Adviser (RIA) that... Read More

十和田湖の成り立ち 十和田湖は火山活動により形成された典型的な二重カルデラ湖で、御鼻部山(1,011m)、十和田山(1,054m)、赤岩山(786m)、現頭倉(885m)、岩岳(880m)など600~1,000mの外輪山に囲まれています。 十和田火山の始まりは20~15万年前で、はじめは比較的やわらかく流れやすい溶岩や火山灰を噴出していましたが、次第に激しい活動へ変わり、中でも4万年前~1万3千年前頃に起きた2〜3回の巨大噴火は火砕流が周囲の山々を中腹まで埋め、八戸、津軽南部など広く分布しました。度重なる膨大な火砕流を放出したため、十和田火山体の陥没が進み、ほぼ四角形の水を蓄えた十和田湖の原型ができました。 1万2千~1万1千年前、十和田湖南半分で火山活動が再開されて新しい火山が誕生します。8千5百年前頃(縄文時代早期)には火山体の中腹以上を吹き飛ばしてしまうような大噴火が起き、残された中山、御倉両半島を囲むように深いくぼ地ができ、最深部327mの「中湖」が誕生します。 2千年前頃(弥生時代中期)と915年(平安時代)の2回、御倉半島で大規模な噴火が起こり、東方地域を中心に軽石や火山灰を降らせます。特に915年の噴火では火砕流が発生し、秋田県の米代川流域に大規模な土石流をもたらし多くの住居を埋没させます。(北秋田市の胡桃館遺跡など。)この噴火直後に火口からせりあがった溶岩ドームがドーム状の御倉山を生成し、現在の十和田湖の姿となりました。... Read More

奥入瀬渓流 新緑が見頃です。| Best time to see Oirase Gorge fresh green 十和田湖から流れる唯一の河川が奥入瀬川です。日本を代表する景勝地で、奥に入るほど「瀬」が多くなることから「奥入瀬」と名づけれたとされています。 奥入瀬川は、約75kmの長さを持ち、八戸市の近くで太平洋に流れ込ます。この川の十和田湖子ノ口から焼山の十和田橋までの約14kmを「奥入瀬渓流」と呼びます。特別名勝および天然記念物に指定されている文化財で、自然公園法特別保護地区として特に保全されています。渓流沿いに多数の滝が点在していることから「瀑布街道」とも呼ばれます。... Read More

青森県 青森県十和田市から情報発信!とわこみゅ 青森県十和田市から情報発信!とわこみゅは、十和田市周辺の観光・グルメ・ランチ・ラーメン・イベント・お祭り・ホテル・美術館・とわだばこ などなど、青森県十和田市に関する情報・企業情報を掲載しています。掲載依頼は随時受けつけています。Aomori Prefecture Information dissemination from Towada City, Aomori Prefecture! Towakomyu Information dissemination from Towada City, Aomori Prefecture! Towada Komyu publishes information and company information about Towada City, Aomori Prefecture, such as... Read More